あまり動きがないから、音楽を聴いてリラックス

あまり動きがないから、音楽を聴いてリラックス

あまり動きがないから、音楽を聴いてリラックス

6月16日。東京時間午前と同様に午後もクロス円達は落ち着いた動きをしています。午前では豪州議事録が発表された豪ドル円だけ、一時的に下に突っ込んでから上昇するという大きな動きをする場面がありました。瞬間的に反応してからは、豪ドル円も落ち着いています。どの通貨も高値圏にいるなぁと見ています。ただ、動きがないのでトレードは無理です。入ってきたニュースで印象的なものを一通りチェックして、とりあえず読み終わって今はリラックスの時間に回しています。ユーチューブで、脳活性化のためにモーツァルトを聴いています。効果としては、活性化の他にリラックス効果があります。さらに重大疾患もモーツァルトを聴くことで治ってしまったという記事を読んだこともあるくらいですから、聴かない意味はないなぁと思います。人気アイドルの曲を聴こうと思ったけど、脳にいいとされるのがモーツァルトなので、トレードで疲れた頭を元気にする目的でこれを選びました。音楽の母といわれるモーツァルトのメロディーはとても軽快で、心をとても軽くしてくれます。いい気持にさせてくれるところがお母さんみたいだなぁと思います。モーツァルトが音楽の母と言われていることについて調べてみたら、音楽家には様々な愛称があって、バッハは音楽の父と言われているそうです。えっ、バッハが父でモーツァルトが母なんだね。じゃぁ、両方聴けばかなりいいんじゃないって思いました。相場が動かない間、聴き比べて楽しむと面白そうです。バッハが音楽の父であることに対してさらに調べたら、クラシック音楽の基礎を築いたことで、バッハは男であることから、そう呼ばれるようになったというようなことが書いてありました。モーツァルトを聴いてからバッハを聴くと、聴いたことがある曲ばかりで、親しみを感じました。父と母は身近な存在。どちらも身近に感じたことで、この名称になっとく。少し、相場をちらり。相変わらずクロス円は高値圏にいました。先ほど、95.92で売った豪ドル円のポジションに含み益が乗っていたので決済しておきました。3PIPSも取れれば十分だと思っていたので、10PIPSも取れて驚いています。

ホーム RSS購読 サイトマップ