初心者がFXで最終的にプラスに持っていく考え

初心者がFXで最終的にプラスに持っていく考え

初心者がFXで最終的にプラスに持っていく考え

FXは短期的には運で勝てる事もありますし、たまたま大きな資金を投じてギャンブル的な取引で資産を倍増させる事も可能ではあります。

 

実際に初めてFX取引を行った時には、軽い気持ちで持っていた預金を全部入れて、雇用統計のように大きな値動きをする時間帯に取引して、数分で資産を倍に増やした事もありますし、こういう経験のある方も少なくは無いです。

 

ただし、長期で取引を続けていくとどんどんと資産が減っていき、最終的にはマイナスになり、取り戻そうとして取引して泥沼にハマっていくというパターンに陥りましたし、リスク管理をせずに大きな暴落が起こり、数分で資産を倍増させた経験があるという事は逆に資産を半減させる事も容易であり、実際に突然の暴落で資産の殆どを失ってしまいました。

 

初めての取引の場合は負ける想定が無いですし、勝つ事ばかり考えていて、損切りポイントも決めずに取引して、どんな時間帯でもとにかくポジションを取って、全ての局面で利益にしようと考えていたのですが、この方法だと10回勝っても1回の損失で全て取り消しになってしまいますし、勝率を高めてもトータルでプラスに持っていけない可能性が高いです。

 

初心者が株でもFXでも陥りがちなパターンとしては、少しの負けも許容出来ないという考えと、少しの利益で確定してしまう傾向にある事で、含み損はいつか戻ると長時間でも耐えますし、含み益は小さな利益で確定してしまう傾向にあり、損に対しては気が長く、益に対しては気が短いという心理が働きがちです。

 

益が小さく、損失が大きいというリズムだと、いつかトータル収支でマイナスになりますし、やはり勝率が低くても利益を伸ばして損失を小さくしていく事が、結果的にプラスになります。

 

特殊な取引の力がある方は別のアプローチがありますが、仕事をしながら取引をしたいという個人投資家も多いですし、トータルでマイナスになっている方は利益を大きく損失を小さくする意識を持ち、損切りは徹底して利益は計画した通りに行う事が有効です。

 

全ての取引で勝つ必要は無いですから、常にポジションを取ろうとせずに、納得のいくポジションに動くまで待って計画的に行うと良いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ