なぜ電話ではなくネットで注文する方が良いのか

なぜ電話ではなくネットで注文する方が良いのか

なぜ電話ではなくネットで注文する方が良いのか

FXのトレーダーの方々は、売買の為にインターネットを活用している事が多いです。実際その金融商品の申込をする為の方法も、ネット完結型ですね。申し込みも売買も、基本的にはインターネットになる訳です。
ところが一部の金融会社では、それ以外の方法でも売買をする事ができます。その1つが電話なのですね。
そもそもFXでの売買を希望していても、インターネット回線が無い方もいらっしゃるでしょう。そのような方の場合は、やはり電話で売買をする事になると思います。
ただ個人的には、電話での売買はあまりオススメできません。それには2つのデメリットがあるからです。
まず1つ目のデメリットとしては、ややスピードが劣る点です。口頭でのやり取りになりますので、自分の注文を相手に伝えるまでに多少時間がかかる事があります。
また電話のオペレーターに対して注文内容を伝えたとしても、今度はオペレーターの方がシステムに入力をしなければならないでしょう。それだけ多くの時間がかかってしまう訳です。短期売買を行っている方にとっては、それは困りますね。それよりもむしろ、インターネットの方が早い訳です。
もう1つのデメリットですが、手数料が多くかかってしまう傾向があります。ある金融会社の場合は、1回の売買をする為に数百円前後の手数料がかかってしまうのです。ちなみにネットの場合は、スプレッド以外の手数料はありません。ですのでインターネットが方が、手数料が格安になる訳ですね。
この2つの理由により、FXの売買は電話よりもインターネットがオススメです。

ホーム RSS購読 サイトマップ